【読んだ本】1週間で8割捨てる技術

久しぶりに「捨てる」スイッチが入った本

自宅が床上浸水して、たくさんのものを捨てた経験がある。捨てる、捨てないなんて考えている余裕はなく、ただ水に浸かった物は捨てる。浸かった水は味噌もクソも混じった水。衛生的にも、捨てることしか考えられない。

わずか一週間のあいだに、捨てられるだけの物を、ウンまみれの砂埃の中捨てまくった。体力も、気力も消耗したことは言うまでもない。

それ以来、モノを少なくする癖が付いた。しかし、モノも全力で反抗してくる。だから時々断捨離とかシンプルライフの本を読んで、気を入れ直す。


ただいまビンボー真っ最中なので、使えそうなモノは捨てずにメルカリへ出品中。配送方法をらくらくメルカリ便にして、売値を1000円以上にすれば送り先のやりとりをする必要がないのは気楽でいい。

梱包した商品とスマホをヤマトの営業所かコンビニへ持っていけば送り状も作ってくれる。マジ、楽だわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + 5 =