断捨離ひと段落

次の段階へ

不用品の片付け、ひと段落です。一番の大物(プリンター)が売れました。

よく売りました・よく捨てました。

自分で持たなくても、外部から必要なサービスが受けることができればいいじゃん。

自分で持って維持していくコストより、他へお願いしたり借りたりした方が安ければ、それでいいよね。

持っている物をみて、負の感情を持ったら、手放した方がいいよね。(こんまりさんの「手に触れてときめくモノだけ残す」に近いね)

これらがわたしにとって、持つ持たないの分かれ目。思ったよりも持たなくてもいいもの多かったです。


プリンターは申込み用紙ならコンビニプリントで充分。写真ならカメラ屋さんで銀塩プリント。プリンターを持つコストよりも、はるかにお値うち。

喪服もレンタルできるようなので、これもさよなら(成長して着られなくなったのが真実というのはトップシークレット)。

工具もホームセンターでレンタルできるみたいだけど、自分でやるぐらいなら、工務店にお願いした方が出来上がりも綺麗だよね。

今考えているのが車を止めちゃおうか。持っている理由の半分がファミリーバイク特約ー原付の任意保険よりファミリーバイク特約のほうがはるかに補償がいいーのため。雪が降る日に車を運転することもないし。カーシェアリングとかタクシーもあるし。ローンの負担もなくなるし。


梅雨に入ったら、2〜3年後を考えた生活費のコストダウンを考えていきます。お金かけずに手間かけない。そんな感じ。