【1駅あるく】名鉄 御嵩→御嵩口

平成29年1月3日


ほぼ恒例になりつつある、正月三が日限定、1日乗り放題の切符を使ってどっかへ行く。

行き先は広見線、御嵩駅。山に木が生えている風景に魅かれるのです。結構売家もあったりします。しかし名古屋まで1時間ほどかかるので、通勤圏内とはいえません。

乗って残そうの幟があちらこちらにあります。乗った感じ、愛知岐阜三重県内、もっと厳しい路線はいくらでもあるように思います。
使って残そう公衆電話。子供にケータイを持たせない家庭もまだまだあるのでしょうか。

かつては名古屋からの直通電車もありました。ホームの長さは4両ぶん。ここにパノラマカーの6両編成が来たらどうしたんだろう?

地元でもいかにして乗っていただくか知恵を絞っています。

どこかの製薬会社が提供したような遊具が薬局の前に残っていました。

空き地にはメガソーラー。ここ数年でぐっと増えて来ました。

散歩にはありがたい看板です。
スマホとGoogle Mapsの普及で出番は減りつつあります。

実は猫さんが尾行していました。キジトラなので保護色になっています。

ニャンコの尾行を巻いたと思ったら、ワンコの職務質問に会いました。

そういえば近くを国道21号線を走っていますが、コンビニは見当たりませんでした。

目の前を赤い軽自動車が颯爽と駆け抜けていきます。山口百恵のプレイバックパート2の一節が脳内を駆け巡ります。(真っ赤な♪)

用水路にかかる立派な鉄橋です。

御嵩口の駅が見えて来ました。かつては貨物輸送で栄えていたそうです。これだけ広いのは、それなりの理由があるのですね。

貨物用と思われるホームの跡です。ふつうなら名鉄協商のコインパーキングになっていますが、そうでないのは利用者が見込めないからでしょうか、それとも取り付けの道路が作れないだけなんでしょうか。

春になってこの期に葉が茂ると、赤い電車との組み合わせはバッチリ。

到着です。

御嵩行きは普通00分、30分ですが、平日、休日共に20時42分になっているのがイケてます。

新可児駅ナカの食堂兼居酒屋兼売店でお昼ご飯。チェーン店でもないお店が営業しているのが嬉しいです。
今回は風邪気味のため、呑まずに我慢。横で飲んでいるおじさんが羨ましかったです。次回は呑みたい。
(平成29年1月3日)