カブ、フロントカバーを固定するボルトのグリスアップ

サビでかじりかけていた

カブのフロントカバーのネジを外そうとしたら、固くて固くて外すのに難儀しました。

理由は車体を作った時にネジやナットについていた油が雨で長い年月の間に少しずつ流れ出てしまい、入れ替わりに入った水がサビの元になったと推測。

なんとか外したら、ネジ山の部分が思いっきり錆びていました。

では、最初の状態のように戻すため、油を補給すればいいのです。こういう時にはグリス出番です。耐水性を期待してシリコングリスをネジに少し塗りました。

固着してからだと遅いので、ギリギリのタイミングだったでしょう。今回、ネジは交換していません。新品でフランジ付きのネジが手元にないのがその理由です。