愛知県美術館「大エルミタージュ美術館展」

アートは楽しいな

ここまでリアルな絵画を見せられると、日本人でここまで写実的な絵を描く人がいないのか不思議でなりません。

画材は有害・有毒なものでなければ今の方がずっと質のいいものが安定して手に入ります。

現実のコピーであれば写真、加工したいならPhotoshopでいじるという住み分けができてきたとも思えません。

描くことに時間をどれだけ費やしても食べていくことができたのでしょうか。

企画展では写真撮影オッケーの作品も。Instagramの拡散力抜群だもんね。立体はどんどん撮影可能にして、チェックインして、ハッシュタグ付けてジャンジャンバリバリ広げちゃえばいい。

同時にアウトサイダーアートの展示会も。主催者がアウトサイダーアートといいう言葉を知らなかったのは意外。綿棒に色を塗って、穴にぶっ刺している作品があったけど、それ最高。草間彌生のソフトスカルプチュアで作った作品を異なる解釈で作ったって感じ。

下のフロアでできなかったのかな?上に上がるのってお客さん減るんだよね。だから普通ダイソーはショッピングセンターの最上階に作って、お客さんを引っ張り上げようとするわけ。(最近は1階にもできているけど)