今日は病院だよ

やはり餅は餅屋。プロのアドバイスは的確

約3年間、職場でパワハラを受けてました。精神疾患で復職後から始まったパワハラ、3ヶ月の休職後も苛烈なパワハラが2年以上続きました。休職期間がボーナス支給時にかかったので1回ボーナスがパァになり、その時に借りたカードローンが去年の秋口に車を売るまで残りました。今でも車のローンは残ってます。残り70万円ほど。今年中には完済するぞ。

まさかその時のパワハラーが再び帰ってくるとは。

運がいいので人事異動の発表後に精神科へ通いました。早速先生に相談です。

ひとこと、「産業医に相談しろ」だって。これはいい話を聞きました。産業医の決定は組織のトップですらひっくり返すことはできないはず。

わたし、残業時間などに就業制限がかかっていますが、組織の長が決定した日ではなく、産業医の診断をした日が就業制限の初日なのね。もちろん、産業医の診断日が決定日より先になります。これが組織のトップより産業医が偉いと考える理由。

「ハラスメントだと思われる発言があればメモしろ」とのアドバイスもいただきました。紙だと紛失とか隠蔽されたりとかがありますので、UlyseesとかiA Writerなどクラウドに保存できるメモアプリを駆使していきます。デジタルなら複製も楽だし、産業医にメール送信だってできちゃうし、スマホが水ぽちゃしても同期されたデータは安全だし。

昨年から義務化されたストレスチェックも産業医にお願いすれば追加でやってくれるそうです。

わたしの主治医、とあるところの産業医なので、そのあたりの事情はよくわかっています。ラッキー。


今日のお薬、炭酸リチウム200mgを1日3回60日分、睡眠導入剤のプロチゾラムを30日分、頓服として睡眠導入剤のブロチゾラムを30日分いただきました。睡眠導入剤はどうやら決まった日数しか出せないようです。症状の安定しているわたしを診察する先生は手間だけですし、医師としても、状態が悪い患者さんを優先したいとの考えで編み出した技。

睡眠導入剤のオーバードーズ(飲みすぎ)をすると気持ち悪くなることは何度も経験しています。睡眠導入剤をいっぱい飲んでも三途の川を渡れなかった時が苦しいのは容易に想像できます。それで自殺しようなんて考えてません。