寝ることが最優先だ

睡眠時間を30分延ばして3ヶ月

昨年末から寝る時間を30分、早くしました。これまで出来ていたことが時間の制約でかなり出来なくなりました。一週間に3時間30分。寝付くために必要な準備の時間が15分から30分。その分を足せば一日1時間が寝るための時間になりました。ただいま睡眠時間7時間30分。

そして、一週間7時間、なにかをやる時間が減りました。7時間で出来ることと、7時間休むことで出来ること。天秤に掛けたら休むことで出来ることのほうが充実感があります。

おかげで脳の調子はいいです。これまで疲れていて動くことのなかった部分が動いています。自分でもびっくりしちゃうぐらいよく動きます。
ただし日中限定。夜は完全に気分が落ち込みますし、土曜日の午前中はやっぱりいまいち。

やっぱり睡眠導入剤は欠かせません。おかげで気持ちよく寝付けます。しかし夜中の2時3時に目が覚めて、そのままボケッとすることがままあります。時計を見て2時台なら半分に割った睡眠導入剤を飲んじゃいます。寝られずに悶々とするよりはずっといいです。

種類の異なる睡眠導入剤を飲むときもあります。これなら目が覚めても体は何とか動きますし、午後からは割合調子が上がってきます。同じ薬を飲んで次の日体調が悪くなって仕事を休んだことがあります。

ただここ一ヶ月、体の奥底にたまっていた疲れがドカンと出ていて、どれだけ寝てもまだ眠い日が続きます。朝も電車の中で10分は確実に寝ています。それですっきりするから、それでいいんだけどね。