【ライフハック】クラウドの大掃除

iPhoneのストレージがいっぱいになりました。いい機会ですから、クラウドとファイルの整理をしましょう。

ストレージがいっぱいになった理由

原因は写真とuleseesのゴミ箱に入ったままのシートだというのは明らかでした。まずはUlyssesのゴミ箱を空っぽにします。

ゴミ箱のシートを削除するのはMacからでしかできませんでしたので、ちまちま消していきました。こんなところに「ゴミ箱を空にする」という項目があったのね。Ulyssesのゴミ箱は定期的に削除していく必要があそうです。


写真については、まずバックアップを取り、そして削除するという方向で行きます。その後も自動的にバックアップしてくれるのが一番楽。そして写真アプリで削除しちゃうと、同期している側も削除しないようなところにバックアップを取る必要があります。

いくつかの候補から最終的にAmazonプライム会員の特典、「Amazonプライムフォト」に行き着きました。Amazonプライムの会員であることと、自動的にダウンロードして、写真アプリと同期しないのが決め手。トドメは容量無制限!

IFTTT経由でバックアップを取る方法、例えばEvernoteやDayOneへ同期させるアプレットを使うと、過去へ遡ってまで自動的にバックアップはしてくれません。手動ならできそう。ここでDayOneに作った、ある特定のジャーナル(フォルダ)にIFTTT経由で保存するようにしました。日記アプリだけあった日付順に整理してくれるのが嬉しいよ。比べるためにEvernoteにもノートを作り保存してる。これについてはそのうちどちらかに一本化するつもり。バックアップは2カ所あればいいと考えてるから、3つは多すぎ(結局EvernoteとAmazonプライムフォト)。

これでDropboxの有料プランを更新することはなくなりました。そして、iCloudをダウングレードしました。お財布がちょっと重たくなったきたね。