北名古屋市歴史民俗資料館へ行ってきたよ

新入学はじめて大図鑑。だいぶ昔の小学一年生

エントランス

名古屋市の北(笑)、北名古屋市。数少ない観光スポットとして有名な北名古屋市歴史民俗資料館へ行ってきました。

昭和30年代をテーマに収集・展示しているので、昭和40年代、それも昭和41年の丙午で極端に子どもが少ない時期の後に生まれたいまいちピンとこないのですが、面影はどことなく感じられます。

学生服や学帽の小学生なんていませんでしたし、ランドセルは赤と黒だけの時代です。

星一徹はちかづけないように

丸いちゃぶ台、おひつ、全く知らない世代です。


テレビ、電話、ラジオ、本。どれだけの物がスマートフォンやタブレットに取って代わられたのでしょうか。そのうち、教科書もスマホになったりして。

食器はアルマイト

わたしの給食の食器、保育園から中学校まで12年、すべてアルマイト製の食器でした。スプーンは悪名高き先割れスプーン。ごはんの時は木製の箸でした。牛乳はビンでした。

今の机と食器

つくえといすは小学校から高校までこのタイプ。小中高校とすべて昭和の後半に建てられた学校だったので、木製の机より金属のパイプとベニヤ板で作られた机といすに愛着が有ります。

トヨタ製のミシン

トヨタ製のミシン。今でもトヨタのミシンは販売中で、びっくり。


ガリ版印刷。小学生の時はこれでした。ガリ版を着るときに書く字って、かなり丁寧に書いた憶えがあります。印刷した後の手は真っ黒。

なんと、ワンピース

この子供服ですが、一件ブラウスとスカートだと思いました。しかし、なんとワンピース。驚いたのと同時に、合理性も感じました。着せたり脱いだりが楽ですよね。

アラ還世代以上にとっては懐かしいと思う展示が一杯です。お時間あれば、是非。

ホームページ

北名古屋市歴史民俗資料館


行き方

惜しいのは公共交通機関で行けないこと。一番近い名鉄西春駅から歩いて30分はかかります(ホームページには25分とありますが・・・)。市内循環バスも本数が少ないので、西春駅か一駅名古屋寄りの上小田井駅からタクシーかカーシェアリングを使うのが便利。

西春駅からタクシーで現地へ。現地からタクシーでイオンモールmozoワンダーシティへ行ってごはんにお買いものというのもいいです。

スマホのアプリ、全国タクシーが提携しているタクシー会社のエリア内です。うまく活用しましょう。

西春駅・上小田井駅ともに中部国際空港から名鉄の準急に乗れば1時間ほどで着きます。乗り換えはありません。

路線図

昔の名鉄百貨店の包装紙は名鉄の路線図でした。中央にあるオレンジの棒に印刷された松坂屋の「屋」の字の上がセントレアだと思ってください。

(もと北名古屋市住民で上小田井駅ヘビーユーザーでした)