【Make:】Wemos D1 R32をMac OS版Arduino IDEでセットアップする

Wemos D1 R32をeBayでポチったのはいいのですが、なかなか上手く動きません。

Wemos D1 R32

これを動かすまでに缶ビールを何本開けたことやら、ようやく動作しましたのでご報告。

予めCH340,CH341のドライバはここからインストールしてください。

追加のボードマネージャのURLに、ESP32を追加。

追加するところ

アドレスはこのページの見出しにesp32と書いてあるところからコピーして。http://www.leonardomiliani.com/repository/package_leonardomiliani.com_index.json ね。

スクリーンショット

ボードマネージャーでesp32を検索してこのように出ればOK。

ボードマネージャー

出ることを確認したら、次はボードマネージャーへ。

設定

ボードは「Wemos LOLIN32」

シリアルポートの設定

シリアルポートは見たとおり。環境によって違う可能性があるため、文字にするとGoogle先生が探し出してしまうので文字には起こしません。

書き込み装置はArduino as ISP

これで上手くいきました。

ただ、どうも答えは何通りもあるようです。思った以上にAmazonのレビューが参考になりました。ここのレビューは一読を。

トライアンドエラーしか解決策はなさそうですね。それが楽しいんですけど。

おまけ

市販のアクリルケースはそのまま取り付けが出来ます。ただし、ボード側の取り付け位置の誤差があるため、一苦労します。

アクリルケースに入れる

綺麗に収まるように見えますが・・・

アクリルケースに入れる

USB端子のある側のアクリル板はセットしないでください。アクリル板そのものが邪魔をして、USBケーブルが刺さりません。

失敗例