体調が悪かったのだ

そんなときはお昼寝に限る

とあるお店の招き猫

梅雨です。双極性障害のわたしが1番苦手とするを季節になりました。低気圧が近づくと、からだがどうしてもだるくなります。これで雨でも降れば、もう体は言うことを聞きません。

昨日の夜からの激しい雨、やはり体調悪いです。布団か、たたみとひとつになりたいぐらいの体調。重力の法則に逆らって、立っているのが精一杯。

ふらふらになりながらも午前中の仕事を片付け、特に予定もなかったので、昼から半日休。家へ帰ってひたすらお昼寝。

天気がよくなってきたこともあって、昼寝から目が覚めたら体もすっきり。じゃあ、平日の昼間にしかできないことをやってしまおう。

そうだ、使っていないクレジットカードがある。そのカードを解約しよう。電話して5分で用事が済みました。

体も楽になったし、平日にしかできない用事も片付きました。有意義な半日休でした。