【ひとりごと】市議会議員の活動便り

愛知県常滑市議会議員の活動便りがポストに入っていた。 早速、読む。

住所と電話番号、メールアドレスはモザイクかけました

そしたら、政務活動にについて、「常滑のような額の少ない市町村は、問題はほとんどないと思います。」だって。

あれれ?政務活動費が少ないから詐欺やって活動費を得ようという考えもできるのでは?

しかも、一人じゃなくて、二人だもんね。


まだまだ続く、政務活動費の公開状況なんだけど、平成28年2月22日の新聞記事から引用してるのですが、23位半田市は政務活動に関する条例は平成28年4月から施行。そこに議員を辞職などしない限り翌年度の4月30日までに収支報告書を提出すればいいと書いてあります。

条例本文のpdfファイルを埋め込むと、ファイルの1ページ目が表示されちゃうので、政務活動費についてのリンクを埋め込みます。)

だから平成28年2月の時点で公開しろと言われても、誰も政務活動費はもらっていません。それを公開だなんてどうやってするんだろう。ネットで404 not foundと表示させるのかな?

この議員さん、以前には観光地のお店の定休日を揃えるように働きかけましょうと市議会で質問したり、なんだかなぁ、って。もちろん、市側はお店に任せると軽くかわしていました。

観光地にあるお店の中の人が言うには、定休日を揃えたらその日に来たお客さんが困るでしょ、です。烈しく同意。


やはり調べるって、大事ですね。最低限の法律の読み方も必要です。そうすれば行政に対する味方も違って来ます。