【ブロニカ】ビューファインダーの修理

修理してみたら、ひじょうに不思議なモノでした。

P3070120

カメラ本体と接する部分のネジはプラスなのですが、側面のネジは、マイナス。シャッターを切ったときの振動やなにかで、製品を作ったときから更にネジが締まってしまい、マイナスドライバーではなめてしまったという結果になりました。長く使っていこうと思えば、プラスネジに交換するのは必須です。転売するときの価値は落ちることは承知です。カメラは使ってナンボですから。

潰れたネジ頭は削り落としてしまえ。

削る

正月に東急ハンズで買ったリューターが活躍することになりました。削っていて分かったのは、側面を固定するネジ、真鍮製だってこと。真鍮では簡単にネジの頭、潰れるわなぁ。

P3070124

目で見る部分は、タコ棒で外します。タコ棒はカメラ修理の必需品です。

P3070126

そして、なんと!ネジが浮いてるっ!

P3070127

しかも、一番ネジをねじ込んだ状態で、これ。どういう修理をしたんでしょうね。メーカーから出荷されたときからこうなっているとは思えません。出荷時は、左下のネジのように、マイナスネジを使っていたとしか思えないのです。

P3070128

ロックタイト塗って、M1.7のネジで組み立てます。もちろん、きちんとした寸法のネジを使います。
写真中央、紫色をしたものがロックタイト。

P3070129

ねじ込んでいる途中です。もちろん、奥までしっかりとねじ込みます。

カメラと接する部分を外して、裏返してみました。何か、はまっていそうな溝があります。しかし、はまっていたという形跡はありません。謎。

P3070131

元通り組み立てて、お散歩に出かけました。なめたネジはネジの頭を削っただけなので、厳密に言うと、元通りではありません(笑)

直した結果ですが、無茶苦茶よく見えます。ピント合わせがものすごく楽です。そして、上腕二頭筋のトレーニングになります(笑)

なんせ3キロのダンベルを片手で持つような物ですから・・・w