【おさんぽ】公募型の写真展に行ってきました。

神戸(と言われても、神戸と大阪の違いがわからない)で開かれている、公募型の写真展に行ってきました。


通路が狭いのと、ベニヤ板一枚ほどになる大きさの展示スペースの中であれこれ展示に凝りすぎ。どこにでもあるバイキング形式で食べ放題のお店になっちゃっている。

それもサラダにマヨネーズとドレッシングをかけるかの違いだけ。たぶん、ゼロイチを積み重ねることしかでできないインクジェットプリンターで出力されたからなのか、色を点で捉えるデジタルカメラの仕業なのか。それとも、出品者のレベルが同じだから?

そしてカメラ、プリンターのメーカーが協力している事で成り立っている作品展だなっていうのが感じとられるんだよね。リアルなPR広告というものを見てしまったよ。

写真展に出す事について興味がなくなりました。お家に帰ったら、額縁を誰かに譲ろうか。


この時点で、頭の中はすでに和歌山電鐵の貴志川駅到着。


ニタマ駅長、情熱的に仕事中。