【1駅歩く】名鉄 佐屋ー日比野 2017/03/18

新しき良き昭和の光景


酒蔵まで元気の素を買い出しに行って来ました。

名古屋から30分もかからないけど、すでに田園地帯。平坦な地形のせいでしょうか、自転車置き場が目立ちます。

ホームは狭いです。こういう駅にホームドア設けられたら車椅子もベビーカーも通れません。ホームドアは信者がいるように感じますが、現実見てね。

ホームが地層のようになっています。汽車の低いホームから電車になって高くなり、また電車が大きくなってホームが高くなったという歴史を物語っています。

折り返し線付き。8両もの長編成が発着できるそうです。

この基礎、鉄道関連の何かの跡でしょう。

大きなマンションの横に道が。このマンション、なんかの工場の跡地に建ったのでしょうか。

ヨシヅヤ。略してヅヤ。この辺りを地盤とする総合スーパー。結構厚化粧した昭和の商業施設。今流行りのショッピングモールではありません。ある程度経営状態がいいところなら建て替えて食品専業のスーパーにしている感じ。

お店が一軒しかないフードコートで牛丼450円。卵が黄身だけになっているところ、芸が細かいです。お客さんの平均年齢は相当高め。平均年齢を引き下げているのはヤンキーのにーちゃん。それでコンセント付きのテーブルがあるって、すごくミスマッチ。

田園地帯と住宅地のミックスです。住宅をよく見ると、駐車場は大概一台分だけ。かーちゃんがパートとお買い物に車を使うのなら、とーちゃんはチャリで駅まで通勤、夜は疲れ果てて息子ともどもお休みです。平坦だから電動チャリンコも要らないでしょう。

もともと踏切があったのかもしれません。

こんな看板も。

こういう長屋も絶滅危惧種。2階建てのコーポより平屋の長屋に住んだ方が腰を痛めた時に楽なんだよね。

神社がありました。

灯籠にお馬さん。

そして遊具。デブガキがジャングルジムに挟まって、DQNな親が「危ないだろー」と噛み付いて、ジャングルジム撤去なんてことのないようにしたいです。

踏切の標識が蒸気機関車。尾西線なら蒸気機関車が走っていた時代もあるので、これでもいいです。

かつての駅前商店。今では有料駐輪場。空き店舗の有効活用です。駐車場いらないし、高校生相手なら3年間は固定客確保。パンク修理ぐらいできれば他との差別化が図れます。
というか、駐輪場付きの自転車屋さんがあってもいいよね。買った人は割安で駐輪場が利用できるようになったら、面白いよね。

駅に着きました。

珍しくなった構内踏切。

半端なく狭い島式ホーム!
写真を見たら、1番ホームがありません。右側の引込み線がもともと一番線だったのかもしれません。

駅前を整地していたので、そのうちなにか始まるのでしょうか?西口にはスーパーもあるから、生活にも便利そう。西口開設は必要。

ホームの屋根は後で継ぎ足したようです。手前はレールを再利用した鉄骨造。ただし、レール以外は木造っぽいです。
それよりもこのホームでは車椅子の利用ができないぞ。ベビーカーも双子ちゃん用の横に2人載せるタイプは確実に通れないから、日比野駅はなんらかの改良が必要。

尾西線の津島、日比野、佐屋駅周辺で空き家が出れば買いでしょう。家は広いし、地形は平坦なのでケッタマシーンで生活できる。名古屋まで電車で一本。電車も1時間6本もある。利便性を確保しながら静かに住むことについては、愛知県内でもトップクラスの環境でしょう。

名鉄の場合は駅前、というより駅そのものにファミマ作って、amazonの商品受け取ることができたら無敵なんだが。駅まではお迎えか、ケッタマシーンで行くわけだし。名鉄百貨店でamazonのような品揃えをすることは無理だし。(名鉄の子会社が発行する)manacaでお買い物すればTポイントカードとダブルでポイント稼げるし。名鉄の駅ナカにあるコンビニはファミマなので、当然のことながら駅に作るコンビニはファミマ。