ブランデーを作ろう

くっそ不味いわいんを美味しくする魔法

「僕と契約して不味いワインを世界中から駆逐しないか?」

言われたら「ハイ」と言うしかありません。なべとボール、お猪口かなにか受ける物があれば準備完了です。

アルコールを含んだ飲料(らしきもの)をなべに注ぎます。

お猪口をなべに置きます。位置は少しずらしたところ。

水を張ったボウルをなべの上に置きます、少し傾けたのは、温められた蒸気がボウルに張った水で冷やされますが、それを受けるためです。

こんな感じでお酒もどきをお酒にします。水とアルコールの沸点の違いを利用しています。アルコールのほうが沸点、低いんです。

出来ました。

出来たては香りだけ酔ってきますよ。ひとくち口に含めば口の中が燃えさかる。冷えてから楽しめば、最上級のブランデー。

ボウルはあまり深いものだとなべとの間に隙間が空きます。

アルコール度数はベロメーターだと感知できず、でした。