【ライフハック】WordPressで使っているプラグイン

2017/12/30現在

プラグインはできるだけ少なくしたいのが希望。不具合があったときに、プラグインが原因だと思ってプラグインをいったんすべて停止し、ひとつずつ有効化する手間も省けます。プラグインの競合による不具合も避けることが出来るでしょう。サーバはさくらインターネット、SSL設定済みということで。

AddToAny Share Buttons (シェアボタン)

Facebook、Twitter、Google+、Pinterest、WhatsApp などを含むページのシェアボタン。はてブのボタンがあるのが日本国内向けにはいいかもしれません。

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

ブログをスパムから保護する最良の方法のひとつ。コメントはできない設定にしてありますが、念のために。

All In One SEO Pack

すぐに使える WordPress ブログのためのSEO。XML サイトマップがあるのが嬉しい。ただしXMLサイトマップの機能は他のプラグインでも提供されているので、競合しないように設定をしておくね。

All In One WP Security

さくらのレンタルサーバでクイックインストールからインストールすると、標準でダウンロード。設定によってはスタイルシートの書き換えやプラグインの設定が出来なくなるので、そのときは無効化すればOK。設定が終われば改めて有効化します。
詳細はこちらから

AMP

AMP サポートを追加。モバイルでの表示速度が上がることを期待して。
詳細はこちらから

Autoptimize

ウェブサイトを最適化し、CSS コードと JavaScript コードを連結し圧縮します。さくらインターネットで簡単インストールをすると標準でついてきます。

Broken Link Checker

壊れたリンクや存在しない画像がないかブログをチェックし、見つかった場合はダッシュボードで通知します。必需品。

Contact Form 7

定番のお問い合わせフォームプラグイン。実際にお問い合わせが来ることはなさそうですが。

ImageMagick Engine

リサイズされた画像の解像度をよくするんだとか。これもさくらインターネットで簡単インストールをすると標準でついてきます。

Jetpack by WordPress.com

このプラグインのおかげでどれだけのプラグインをインストールせずに済むのでしょうか。個々の機能だけを見るともうちょっと洗練されてもと思いますが、これで充分だと思えるコトの方が多いです。

Pz-LinkCard

リンクをカード形式で表示します。WordPressやWordPress.comで作っていないブログに有効。リンク先がWordPressやWordPress.comだとWordPressで作られたカードが表示されます。

SAKURA RS WP SSL

さくらのレンタルサーバ上のWordPressで、常時SSL化を簡単に行えるプラグイン。さくらのレンタルサーバ以外では全く使えないプラグインです。

WP Multibyte Patch

WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の修正を行うプラグイン。これも必需品。


みなさまのご参考になれば。