【カブ】ナンバーのボルトをアイボルトに交換する

ここのボルトをアイボルトにすると、ゴムヒモを掛けるときに凄く便利です。

ノーマルのボルトです。これをM6のアイボルトに交換します。年式や形によってはアイボルトではボルトの長さが足らないこともあります。

10ミリのスパナとドライバーを用意しましょう。ドライバーはアイボルトを取り付けるときにも必要です。

裏はワッシャー、スプリングワッシャー、ナットの順にセットします。表は一応ナットを噛ましていますが、手元に合ったナットの径とアイボルトの径がほぼ同じでした。

アイボルトにドライバーを差し込み、裏からスパナでナットを締めていきます。

これでできあがり。マジでこれ、便利。

ステンレス製のボルトの是非を問うた記事を見つけました。ねじになっている部分が錆びてくるのですね。おいらの住むところは海沿いなので、まずボルトの表面が錆びてきます。するとねじを外そうと思っても舐めてしまう可能性だってあります。だからあえてステンレスに交換します。