小学館の育児絵本 ももたろう

一体鬼はどんな悪いことをしたんだろう・・・

お宝があると言うことは鼠小僧かルパン三世の末裔か、それとも北の将軍様か。

それとも単なる言いがかりか。


鬼の(合法的な)逆襲

あの日以来、鬼はパソコンとスマホとにらめっこ。

桃太郎のことだから自己顕示欲を満たすためにFacebookかTwitterにアップしているだろう、奪ったものをヤフオク!かメルカリに出しているだろう。そう考えたら鬼たちはすぐに桃太郎らしき者の捜索開始。

予想通り、Instagramにお宝をアップした桃太郎、鬼たちが早速フォローしていいねを付けまくる。いい気になった桃太郎、奪ったお宝金銀財宝をどんどんアップする。コメント欄で「実物を見たい」と書いて、桃太郎からのDMを待つ。

一方、ヤフオク!でも落札。こちらは匿名配送にしていないので、桃太郎の住所が丸わかり。よし、反撃だ。メルカリでも出品しているのを見つけたので、早速運営に盗品とのクレームを付ける。これで出品停止だ。次いで桃太郎の家の近くにあるリサイクルショップへ店員として潜入。思った通り桃太郎がお宝を持ってきたぞ。「これ、ワシントン条約違反ですね。しかるべき所に通報します。」泡を吹いた桃太郎、クロネコ様にお願いして奪ったお宝を返したとさ。

mmo

ここまで書いて思った、絵本の電子化って、プロジェクターで映しながら読み聞かせが出来そう。大迫力の画面と誰にでも聞こえる声。保育園や幼稚園でやってほしい!