月: 2020年3月

COCONUT CLUB 2020/04

ケーブルテレビの運営会社が出しているミニコミ誌。今回はとある街の生い立ちについて。現地へ出向い、記事をアップしています。それは掲載されている写真の季節感で読み取れます。デスクトップでは決して出来ない記事がここにあります。

何時の日か、一冊見まとめて出版して欲しい内容です。もちろん電子出版でも。

同じもの2冊手に取ってしまいました。w

岡田 喜秋「新編 秘められた旅路 ローカル線に乗って 旅鉄LIBRARY」

まだ道路も空港も整備されていない時代、遠くへ行くには鉄道だけの時代って、本当にゆっくりした旅だったのでしょう。国鉄の地方を走っているローカル線なら蒸気機関車が数両の客車を引っ張って、地元の人の足として頑張っていた時代は何もかもがゆっくり流れていったのでしょう。時間も、列車も、人と社会の歩みも何もかもがゆっくり。

もうこの時代に戻ることはないでしょうが、本で疑似体験をすることが出来ます。

RMライブラリー 242 北陸鉄道小松線

14メートル、箱根登山鉄道の電車とほぼ同じ大きさの車両がのどかに行ったり来たり。昔はあちこちにかわいらしい電車が走っていましたが、時代の移り変わりとともにどんどんなくなっていきました。第三セクター転換の路線もあるけど、いつまで持ちこたえることが出来るやら。

ちたまる。スタイル 2020/4

フリーペーパーによくある子供やペットの写真コーナー、みているだけで楽しいです。1歳でも3歳ぐらいの子供に見えたり、赤ちゃんだったり、ガッツ石松(それも双子!)だったり。

ケーブルテレビを運営する会社が発行するだけあって、広告もサービス提供エリアだけという潔さがこれまたいいです。だから東京電力もNTT東日本の宣伝もない。