沖田×華「不浄を拭うひと」

一気読み。

死んだ後に人に迷惑をかけたくない。だから物は最小限にして、処分するのを楽にして欲しい。死ぬ時を目的地として今必要なものは何かを考えていきたい。

しかし自殺するのに、脱糞することを知っているとか、体液が出てくるのを分かってそれらの対策をするって、本当に人生を自分の手で終えたかったんでしょう。死ぬ権利はあってもいい。生きているのが苦痛でしかないのなら、逃れるための道があっていいと考えてます。