つのだじろう「恐怖新聞」

「恐怖新聞」のロゴがイケてます。DTPなんて無い時代に、文字で恐ろしさを予告し、本編の影が追い打ちをかけ、黒がとどめを刺す。さらにあっと言わせるストーリー展開。それも一話完結を繋げていくという気持ちよさ。最近よくある、これからというところで「続く」が昔の漫画にはないから、途中でもトイレに行きやすいです。

休日に学生服で出歩くという古さはあるけど、中身は今でも十分に通用するどころか、第1級のホラー漫画。

恐怖新聞Ⅱも合わせて読めば、この漫画の凄さが更に分かってくる。