カテゴリー: kindle unlimited

kindle unlimited

勝間和代「2週間で人生を取り戻す! 勝間式 汚部屋脱出プログラム」

勝間さんの本って、読んでいて「できそう」だと考えちゃうんですよね。自分自身が人柱(?)となってやってみて、結果が出たことを本にしている。で、やってみて上手く行った人たちがカツマーと呼ばれる信奉者となっていく。

いわゆる断捨離とか、ときめきとは別の視点から見た整理整頓本。

おすすめ。

ねことうふ「つかえて!コハル 新装版」

空気系のマンガ、好きです。ありふれた日常に少しのスパイスをふりかけた物語。クスッと笑えるストーリー。

ゆったりと読める漫画が好きになったのも、緻密なキャラクター、連射されるギャグや奇想天外なファンタジーの刺激に疲れたのかもしれません。

ヘンリー・Dソロー「孤独は贅沢」

食糧の自給なしにミニマリズムは語れない。生産手段を持たないミニマリストは存在することを許されない。

最近のマスゴミと同じ香りがする。前後のつながりは一切無視して、都合のいいところだけ抜き出す。

やはり原典(ヘンリー・ソロー「森の生活」)にあたって、全体像を把握しなければいけません。

違和感を感じたので、途中で読むのを止めました。

ぞえ「残業を減らすプチIT化仕事術:合冊版」、「SE女子の日常」

サクッと読めます。下手な仕事術の本よりも使えるかも。脳で考えただけと、実践という裏付けがあるのとでは厚みが違います。

この手の本は全て取り入れようとしないで、ときめいたところだけ自分のモノにすればいいと考えてます。プライベートではマイクロソフト製品を全く使っていないおいらにとって、ウインドウズのソフトはタダのゴミにしかなりません。

残業をしないためにもブラインドタッチ・タッチタイピングは必須。おいらは一ヶ月ほどで覚えたけど、その一ヶ月でもうどれだけ時間を節約したことやら。

Windowsのテキストエディタ、意外にスマートフォン対応していないのね。秀丸エディタも未だにWindowsのみ。Android版があっても全然不思議じゃないんだけど、パソコンはパソコン、スマホはスマホなのでしょうか。WindowsXPの時まで秀丸エディタをつかっていたのですが、ちょっと寂しいです。MacとiOS、iPadOSだとiCloudやDropboxで同期するエディタが花盛り。実際このブログもUlyssesというMac版あり、iOSアプリありのもので書いています。使っているとクラウドで同期するエディタって、ものすごく便利。

たぶん、数年後に読み返すと、また新しい発見があったりして。

イラストも楽しいし、内容も読みやすいので、この著者の本はまとめて一気に読もう。