タグ: セルフビルド

近藤 誉「ホームセンターの材料でできる!素人が60万円でセルフビルドした家のつくり方」

自分で家を建てようと思ったら、絶対に電気は必要です。電動工具なしで木を切ろうとしたら、途方もない時間がかかります。2x4材ならコーススレッド(長ーい木ねじ)を使うと考えられますが、ドライバーで作業するって、無茶です。マキタのバッテリーで動く電動工具の写真が出ていましたが、バッテリー切れちゃって作業できなかったなんて、なかったのかな。

セルフビルド系の本あるあるが、コンポストトイレ。微生物はう○こに含まれる有機物は分解してくれるけど、有機物を分解するときに生じる熱で細菌やウイルスが育つと大変だよね。大と小を一緒に出すこともできない。制限あり過ぎ。あと下痢、下痢気味になったときのことも考えると、正直気が向きません。この本、トイレについて書いてないけど、どうしたんでしょうか?

やっぱりトイレだけは、ちゃんとお金を出して、プロに任せて下水道につなげるか浄化槽にしたいです。

材料は案外ホームセンターで揃うんですね。ホームセンターも地域や対象とするお客さんによって品揃えが違うと感じています。近くで2件ありますが、家を自分で作ろうとしたら、プロ用の物がある方に行くしかありません。今ではプロもホームセンターで材料を買ってきて工事しますからね。現場でホームセンターがプライベートブランドで出している砂を見ましたし。

あと断熱は必要ですね。夏に断熱が必要だなんて、びっくりですが、昨今の異常気象のことを考えると必要かも。そう、遮音性能もアップしそうです。

それにしても家を建てるって、究極のDIYだよね。

高村友也「自作の小屋で暮らそう ──Bライフの愉しみ」

最近、経済活動や消費生活から一歩下がったところで過ごしていきたいと考えるようになりました。コロナウイルスの影響もあるかも知れません。今年の4月に入ってからかなり気分が重いのです。たぶん、世間に広まる自粛モードを身体そのものが受け入れてしまったのでしょう。

いつ体調が悪くなるか分かりません(双極性障害です)ので、調子が落ちていても何とか食べていく方法をずっと考えています。そこにコロナ禍、丁度いい機会になったと考えています。

土地を買って小屋を自分で建てたお話。借りた土地では小屋なんて建てられないでしょうし、コンポストトイレしかないと言えば、土地のオーナーは激怒するでしょう。また何かトラブルでもあれば自治体からなにか言われるのも間違いないです。だから土地を買うのは正解。そして畑を作るのは絶対条件ですね。食費が助かりますし、何よりも身体を動かすことが出来ます。

洗濯を洗濯機に頼らないことにすると、どうしても時間が必要です。そのためには労働から自分を解放しないと。開放すると今度は生きていくために必要なお金を削らないといけません。選択を他のものに置き換える、その無限ループなんだろうね。

月10万円、家賃別で生きていけないか模索している今日この頃。

人となにかをするのが苦手、一人でいる方がいい、そんなタイプのあなたに。