タグ: フリーペーパー

知多半島 地域みっちゃく生活情報誌 Step 2020/05

一件、コロナウイルスの流行がなければ・・・と思わせておいて、ペットの写真でほっこりさせるという技ありの紙面がよいです。都心では飼えないペットもいっぱい。山羊とかアヒルなんて絶対にマンションでは飼えない。ましてや猛禽類なんて・・・。

知多半島地域みっちゃく生活情報誌 Step 2020/4

さて、4月号の内容を編集している時期、たぶん2月半ばから3月上旬だよね。その頃にコロナウイルスがここまで猛威を振るうとは思ってもみなかったでしょう。習い事は三密(集近閉)の最たるもの。ボルタリングもインドアスポーツなのと、つかむところに息がまともにかかる。高いところはどうやって消毒するんでしょうか。

固めのえびせんべいを食べてこの危機を乗り切りますか。かっぱえびせんの何倍かは固いし、えびの風味がいっぱいつまった知多半島のえびせんべい。美味しい。

COCONUT CLUB 2020/04

ケーブルテレビの運営会社が出しているミニコミ誌。今回はとある街の生い立ちについて。現地へ出向い、記事をアップしています。それは掲載されている写真の季節感で読み取れます。デスクトップでは決して出来ない記事がここにあります。

何時の日か、一冊見まとめて出版して欲しい内容です。もちろん電子出版でも。

同じもの2冊手に取ってしまいました。w

ちたまる。スタイル 2020年3月

表紙の男の子、2歳の割には足が不自然に長くないですか?この年齢だと胴体が長くてあんよが短い体型のハズ。ページをめくると至って普通の2歳児でした。Photoshopで盛りましたね。

中身は普通のPR誌。

ちたまる。スタイル 2020/02

知多半島北部の情報誌

表紙がオヤジギャグ。ラーメンとイケメン。やっぱり名古屋はきしめん。

ラーメンの特集なんだけど、○るなびで一見さんを呼び込むよりも地域密着のミニコミ誌で集客して常連さんになっていただくことを狙っているんだな。クーポンを付けるのもだけど、飲食店はリピーターが欲しいんだろうね。ご近所さんなら遠くから来る人よりもお店に通う頻度は高そうだから。


ケーブルテレビ、そのうち土管になりそうな予感。番組はケーブルテレビではなくNetflixで流して、資産とも言える光ファイバーを生かしてインターネットだけでなく電話回線の提供も行っていくようになると考えます。値段はケーブルテレビの契約とNetflixの合計よりも割安に。NHKなしのオプションもあれば喜ぶ人も言いることでしょう。N国の支持者がいる限り、このプランは受ける。

ここちたー観光情報誌No.3

もっとチラシ・パンフレットの類はネットへシフトしてもいいのかもしれませんが、日本語環境の場合はGoogle先生のご機嫌を悪くすると検索結果に出てこないようになります。だからインパクトのある表紙にして、目がつくようにして、手を伸ばすようにする。手にとっていただければそれでミッションコンプリート。役割完了。

もう一つ思ったのが、地方自治体の統合をもっと進めるべき。名前から連想できるのが、愛知県知多市。この街の観光ガイドなんですが、知多市の南にある常滑市。大野町の情報も少し出ています。さらに地元の名産の梅酒、醸造所は常滑市の澤田酒造。もう知多市も常滑市も切り離せないでしょう。地域のエゴもあって統合がうまくいかないと聞きますが、あと10年後の人口構成を考えると待ったなしの状況だと思います。地元信用金庫のレポートを読む限り、知多半島の景気はセントレアにおんぶに抱っこされている感じ。基礎的自治体の統合により効率的な行政サービスが望まれます。

知多半島は一つの基礎的自治体で十分です。

Step 2020年2月号

ローカルなミニコミ誌 2020/01/26

中のコラムに「看板娘と喫茶女子」があって、80年代のアニメにカフェが出てくるってあるけど、アニメの名前をみせて「全然知らない」になるのは世代の違いでしょうか。

カフェと言ったらやっぱりカレーハウスゴン(ゴレンジャー)とか仮面ライダーで小林昭二がマスターのお店。スナックというけど、あの明るさは喫茶店。

750ライダーのマスターが経営している喫茶店はピットイン。コラム書いている人の一世代前だな、おいら。

とにかく手に取ってもらうには、名前がドーンと出ていると、手に取る方も安心感があります。あっ、いつものだ。もらっていこう。こんなのあるんだ、試しに持っていこう、という感じ。ただ最近、種類がどんどん減っているような感じ。やはり広告媒体としての魅力がなくなりつつあるのかも。クーポンが付いていても行きつけのお店があればそっちへ行っちゃうでしょうし、どんなお店か分からない、好奇心で行ってみようという気も起きないときには、いくら割引があっても行かないです。

このミニコミ誌が配られている地域でも、有料、無料ともにだいぶ整理されてきました。おそらくこれだけになる時期もそのうち来るのでしょう。