タグ: 少年チャンピオン

古賀新一「エコエコアザラク」

エコエコアザラク

1〜5巻を一気読み。1巻から順番に読まなくても良いマンガは久しぶり。半袖の黒井ミサ、出てきた憶えがないんだよね。全巻長袖のセーラー服にロングスカート。そして内藤ルネからずっと続いている大きな目にカラフルな髪でなく、黒髪、小さな目、小さな鼻、そしてシャープな顎。今でも通用する美形。内容はおどろおどろしいけど、黒井ミサの美しさが恐ろしさを更に強化する。

リアルタイムなんだけど、怖くてたまにしか読めなかった。今改めて読んで、ふきだし以外の文字が全て恐怖感をパワーアップする手書きの文字がいい。

魚乃目三太「チャンピオンズ~週刊少年チャンピオンを創った男たちの物語~」

創刊号の表紙を見てびっくり、梶原一騎、さいとう・たかを、手塚治虫、赤塚不二夫、永井豪、ジョージ秋山・・・そして北見けんいち。今でこんな有名作家ばかりをそろえることは無理でしょうね。たぶん、作者の得意分野があまりにもばらけすぎます。

昭和50年代までは漫画雑誌が貴重品だったけど、バブルの頃に増えちゃったのと、読者が上の年齢層の雑誌に移らずそのまんま読み続けてしまった雑誌もあり、新たな読者層を捕まえた雑誌もあり、今ではいろんな漫画が読めるようになりました。そしてスマホやパソコンで読めるからいい御時世になりました。

昭和50年代半ばまで少年チャンピオンを読んでました。もうその頃の残り香はありません。

機会があったら今の少年チャンピオン、読んでみたいです。