武田一義 「ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 8 (ヤングアニマルコミックス) 」

よんだあとに、なんとなく、このままずっと終われない展開になってきた感がしてきました。特攻の島もそうだけど、中盤から時間の進み方がどんどん遅くなってきて、引き延ばしを図っているように感じます。評判がいいから終われない。掲載が終わった後の別の連載が決まっていない。理由はいろいろありそうだけど、なんかこんな展開をしている漫画が最近、多いなと思う。

そうやって考えると、ゴルゴ13とか、ドカベンの構成は上手い。いい感じで話に切りをつけて、次の展開に向かってる。ペリリューもいい感じの区切りがあれば・・・